2013,2014と旧ブログで「年間ベスト・エッチ」を選定しましたが、2015,2016年はコレだ!!と突出した印象深い体験がなくて記事にしませんでした。


そして今年。振り返ってみて「これだよな」と感じたのは、バリ島での体験。

◎ママはフッかけてきたけれど

新規開拓で訪れた、バリ島の某SPA。13時過ぎの入店で、顔見世してくれたのは4名(在籍は16名だそう)。


事前リサーチで総額120万Rpでしたが、ママの言い値はなんと、150万!相場を知らない旅行者と見てフッかけてきた?


現地語で「友人は120万だと教えてくれた」と反論したら、すぐに130万に値引き。こういう店は信用できないですね。


この価格でありながら、顔見世した4名は、同価格帯の他のSPAと比較したら明らかにレベル落ちでした(他の12名はわかりませんが)。


4人のなかでは一番まともだった、25歳、ジャワ島から出稼ぎの娘を指名しました。とてもノリのいい、気さくな尾根遺産でした。
20170501_180157

◎未知の性感帯を開発されて

ジャグジー内では洗体してくれたあと、潜望鏡?みたいなエロい☆ェラをしてくれます。


ベッドにうつ伏せになり、次はBtoB、と思ったら、私の踵とアキレス腱にスマタをしてきます。


これがキモチイイ!!


過去に味わったことの無い快感です。ローションでヌメった尾根遺産のアワビが、ねっとりとアキレス腱あたりにまとわりつく感じ。


これを繰り返されただけでもう、入れたくて入れたくて、衝動がこみ上げてきます。


69的なポジションになって私が手マンしている間、尾根遺産はひたすらA舐め攻撃を続けてきます。東南アジアでは傾向として、手マンは嫌がられるものですが。


十分過ぎるほどに気持ちを高められた後、私に背中を向けて、背面騎乗位で結合。


その後も動き方がユニークで、何という体位なのかわかりませんが「どこで誰に教わったの?」と訊いたくらい、東南アジアではなかなか味わえない技巧派プレイで大満足の放出でした。


お店で習ったわけではなく、自分でいろいろ考えたそうです。その研究熱心さ、大したものですよね。


インドネシアではこれまで、嫌になるほど「仕事はとりあえず、指示をこなすだけ」的な勤労意欲の低さを方々で目にしてきたので。