アジアの尾根遺産【バリ島分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、バリ島関連記事だけを移転させました。

前回の続きで、ロンボク島での風俗開拓記を。

 

「ミスター、次はどこに?」

「レベルの高い尾根遺産がいるのは?」

「じゃあ、ディスコですね」


インドネシアのジモティが言う“ディスコ”とは、日本人のイメージする“クラブ”とは限りません。


バンドの生演奏があるBARとか、カラオケとか、音楽(洋風)が流れていて飲める夜遊びスポットをディスコと呼んでいるケースが過去にもありました。


「今夜は土曜だから、混んでいると思います」と彼。日曜ならそれほど混まないそう。

CIMG2973

 

◎スンギギの高級なカラオケ

到着したのは、ロンボクらしからぬ高級カラオケ「New Surya」。スンギギの中心部から南へ、そう遠くありません。


停まっているバイクが十数台、駐車場はほぼ満車。確かに土曜は混んでいるよう。建物正面の入口はライブバンドも入るPUBで、カラオケ入口は左奥に回り込みます。

CIMG2972


「日本人客も来る?」と尋ねてみると、英語可のマネジャー氏いわく「たまに、タクシーに連れられて来ますよ」。


日本の曲も少しあるそうですが、問題は尾根遺産。英語が出来る尾根遺産も少しはいる、と。


こんなケースで店側の言う「少し」とは、多くの場合あいさつ程度で、コミュニケーションできるレベルではない、と考えるべきです。

ちなみに金魚鉢の尾根遺産は、スンダとジャワ。地元ササッはいないそう。


駐車場の様相から、結構な数の先客がいたはず。残り物?が10名ほどいたので、稼働数は30名以上いるのではと推測。


料金体系は、一般的なインドネシア形式で、部屋代が1時間75,000Rpで、最低3時間利用。娘の指名料も1時間75,000Rpで、最低3時間です。この2つで計45万。飲み物代は別途、チップも別途。


閉店後の連れ出しはお店として認めてはいないはずなので、そこは腕次第、尾根遺産次第。(予算次第?)

 

◎オプションつきマッサージ

疲れきった身体にムチ打って、到着した晩に3ケ所回り、すでに時刻は24時過ぎ。

ホテルに戻る道すがら、案内人が「今、通り過ぎたマッサージ店、オプションがあります」と。

CIMG2965

マッサージ店は「CHINTIA」といい、スンギギ中心部から南へ向かいます。画像の看板があり、外観は健全なサロンのよう。

CIMG2964


深夜24時過ぎにもかかわらず、看板の下で薄着の女性が2名、客引きで立っていました。そんな時間帯に、客引きをしていることからも、普通のマッサージ店でないことは明らかでしょう。


案内人いわく、基本マッサージ代は30万Rpほどで、オプションは尾根遺産と交渉次第、とのこと。

場所を覚えておいて、チャレンジは翌日にしました。

 

◎無念のとんぼ返り

しかし翌朝。前夜の転倒で捻挫した足首が悪化。まともに歩くこともできず。

さらに痛みが増すようなら、要:病院行きか。となるとロンボクではなくバリ島に戻ったほうがいい。前夜回った場所の撮影だけして無念の撤収。


「オトコの夜遊びガイド」ご購入者様のお話では、ビーチに近い辺りには複数の☆番マッサージ店があり、男ひとりで歩いていると、ホテルのガードマンが「マッサージはどうか」と煩かったそうです。

◎ジゴロはいても?

「地球の歩き方」のロンボク島のページに“ディスコにはジゴロが出没” とあったのがそもそも遠征を決意した理由だったのですが、スンギギのMAPに2軒あったディスコのうち、トロピカーナは数か月前にクローズしたと。


もう1軒のCRクラブは、地図の該当エリアを2往復したものの、看板も建物も発見できず。


「地球の歩き方」のMAP外にある、大きなハコが既述のMETZOともう1ケ所。しかし案内人いわく、援助目的のフィッシング娘はどちらにもいませんよ、と。

これは完全に私の見込み違いでした。

 

*この記事は2014年1月時点のものです

前回の続きで、4年前のロンボク島風俗開拓記です。

 

◎路地の奥にあったカフェ・チェウェ

置屋ホテルのレベルはそう悪くはなかったものの、1回戦50万も出すほどとは感じられず、もっと安いローカル御用達の夜遊び場に連れて行くよう、ウェイターの彼に依頼。


いわく「20万RpでOKですが、レベルは落ちます」と。


前回記事のCAROLINAホテルから50mほど南に画像の「変形十字路」があります。

CIMG2979

ここを右に曲がります。一見、行き止まりに見えます。

CIMG2980


しかし路地の奥まで進みますと、左に折れる細道があります。バイク1台が通れるくらいの細さです。


折れてすぐまた右に、道なりに折れると10mほど先の左側にカフェ・チェウェがあります。

中庭のようなスペースがありますので、普通の民家ではないとわかります。


こんな路地の奥の奥にあるのですから、一介の旅行者が発見することは不可能。

規模はバリ島のパダンガラやアサマンをもっと小さくした程度、20m四方くらいでしょうか。


カラオケのモニターがあって、その付近だけ明るく、スペース中央に組まれた矢倉?の暗闇に座る、数名の客と数名の尾根遺産。


指名されていない尾根遺産たちはみな、壁際で携帯いじり。


インドネシアのCafe Cewek ですから、当然のことながら暗くて顔もろくに判別つきません。しかし少なくとも、バリ島ダナウテンペのような【お化け屋敷】ではありません。

 

◎スンバワ尾根遺産はレア?

モニター前の、壊れかけた椅子に座らされ、まずウェイターの彼が連れてきたのは、愛想の良さげな巨乳メタボちゃん。


「ゴメン、細くて小さい尾根遺産、頼むよ」

で、次に登場したのが自称19歳。そこそこカワイイ。


「キミはササッの人?」

「いいえ、スンバワよ」


スンバワ島はロンボク島の東隣。空港もあるにはあれど、欠航が頻繁(乗客が少ないと飛ばない)だという、それなりに秘境です。


彼女いわく、このカフェで働く尾根遺産は10名。彼女ともう一人がスンバワで、他はササッ人だと。これは貴重なスンバワ娘との対戦チャンス!


でも尾根遺産、私の質問にひとつ答える都度、すぐに携帯イジりを再開します。なんとかコミュニケーションを、と頑張ったものの、15分ほどで挫折。


そのうえ早口でヒアリング困難。「トロン スカリ ラギ」(もう一度言って)「トロン プランプラン」(ゆっくりと)と何度お願いしてもダメ。


コイツは絶対ハズレだ!!と確信。私のジュース2本、娘とガイド各1本、娘のタバコ1箱、しめて5万Rpを払って退散しました。


(つづく)

 

*この記事は2014年1月のものです

今回の記事はロンボク島です。

旧ブログで有料記事としたものですが、夜遊び情報自体が少ない場所なので、店舗画像や動画も含め再編集して公開します。

 

◎これぞ怪我の功名?

 

不慣れなバイクを転がしてバリ島からフェリーに乗り、ロンボク島に初上陸。しかし天候は生憎の雨。たった60kmほどの海路なのに6時間もかかり、目指すスンギギの街までまだ遠いのに早や日暮れ。


しかも日本のように案内標識が大きく出ていなくて、二股道で「アッ!間違えた」と思った瞬間、転倒!!


幸か不幸か雨具を着用していたので、外傷はさほどでなかったものの、足首を捻挫。


転倒した私を、目の前の家の人が応急手当してくれ、再度スンギギに向かうも、降りしきる激しい雨と足首の痛みで心が折れ、スンギギの手前で見つけたホテルに飛び込みました。

CIMG2970

【捨てる神あれば拾う神あり】とはよく言ったもの。痛くて歩けないのでホテル内のレストランに行ったらウェイターがバリ人で、しかも英会話OK。


「バリ出身ならパダンガラとかダナウテンペ、知ってる?」

「もちろん。でもミスター、あんな所に行ったんですか?」

「まあね。で、スンギギに同様の場所があるらしいけど?」

「ええ、ここから歩いてでも行けますよ」

「本当に? キミ、仕事終わってから案内してくれる?」

「はい、できます。じゃあ23時にお部屋に伺いますね」

 

これはまさしく、怪我の功名か??

 

◎スンギギ郊外の置屋ホテル

CIMG2976

彼のバイクは、スンギギ中心部とは逆方向(南)へ。画像のディスコMETZOを通り過ぎた先に、CAROLINA HOTELの看板があります。

CIMG2977


看板から100mほど、デコボコの未舗装路を入ります。名称と形式は一応ホテルですが、部屋はカラオケ・スペースに隣接。

泊まれても眠れないよね、それじゃ(苦笑


CIMG2978

稼働中の選択肢は見た限り4名いて、1名が接客中。推定20代前半。レベルは中クラスか。

私の来訪にも無関心?で携帯をイジリ続ける娘たち。これはハズすパターン!


しかも案内役のウェイターいわく「1回戦50万です」と。オマエのコミッション含みだろう、それ?


まぁ、案内を頼めばこうなるのがインドネシア。

自分のホテルに連れ帰り不能なら、ここで済ませられる価値はあるかもしれませんが。

 

「次はもっと安い夜遊び場に行ってくれ」


(つづく)


↑このページのトップヘ