アジアの尾根遺産【バリ島分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、バリ島関連記事だけを移転させました。

もう3年ほど前になるでしょうか。私が道待娘好き、ということでバリ島の情報を頂戴しておりました。


Gatot Subroto あたりでは一定間隔で座っている女の子を持ち帰れる。ただしあの辺りは本当に病気持ちが多い。


一定間隔で座っている、という部分が気になってはいたのですが、昨年のバリ島調査時は「車上販売」の実態を探るのに時間を要してしまい、結局未遂に。

今年、時間を割いてサヌールから遠征を試みました。
bali-3566635_640

◎そこで見た光景は

道待娘なら、夜の早い時間帯では出没しないかも?と考えて、22時過ぎに宿を出発。

Jl. Gatot Subroto と書いたメモをタクシーに見せて、サヌールから北へ延々と走ります。


目的地はデンパサール中心部よりさらに北。片側複数車線の広い幹線道路です。

「こんな広い道路に道待娘が?」という印象。他国で道待娘といったら、ちょっと寂れた場所にいるケースの方が多い印象なので。


運転手が不思議そうに「このまま直進か?」と訊くので、とにかく真っ直ぐ行ってくれ!と頼みます。

「コイツ、こんな時間にこんな場所に、何の用だ?」と思われたんでしょうね。


するとしばらくして、路傍に座り込んでいる、見た目で20代前半くらいの女性の姿が。でも、すぐ横にはお客?なのか、男性の姿も。


カップルにしては、大通りのすぐ脇で座り込んでいるという状況は考えにくいかと。

また少し先に、同じく若そうな女性が座っています。しかも今度は、男性4人が傍らに。


その後も2人、尾根遺産と客?といった風情で路傍に腰かけていました。確かに「一定間隔で」座っているようです。

一人で座っていたならば、タクシーを停めて話しかけてみようかと考えていましたが、思いの外、人気商売のよう。


でもHIV比率がメチャ高いようなので、やっぱり遊ぶ気にはなれませんね、私は。

今回はバリ島サヌールの「末尾にX」がつかない置屋でのお話。


前回(確か6年前)此処を覗いたときは案内役のバイクに2ケツで、路地をクネクネと進んだので場所がよくわからず、おぼろげな記憶を頼りに翌年、自力で探索に向かったものの、思い違いをしていて辿り着けずに終わりました。


H様からの情報で今回、再訪が叶った次第。

◎現在の品揃えは

時刻は20時少し前。

まだ尾根遺産たちが「マンディ(水浴び)」していて揃わない置屋もあるこの時間帯でも、この置屋はすでに15名がスタンバイしていて、室内と室外とに分かれて座っていました。


サヌールの置屋といえば、個人的に思い出すのは「マドゥラ尾根遺産探索」。

今回も一応ダメモトで「オラン・マドゥラはいる?」と尋ねてみましたが、やはり在庫無しでした。


改めて品揃えをチェックした限り、飛び抜けて若い尾根遺産がひとり。なかなか可愛かったのですが、私の存在を無視するかのように下を向いたままだったのでパス。


他の尾根遺産は?と見渡すと、なかでも1,2の美形がニッコリ微笑んでくれたので、即決します。選ばれなかった尾根遺産たちが、拍手や口笛でチャカします。こういう明るい雰囲気の置屋は個人的に好きですね。


H様の情報で、ここはローカルが25万Rp、邦人は30万と伺っていたので「30万だよね?」と訊いたらあっさり「そうだよ」と。スレたバロカに比べれば遥かに良心的でした。
smile-2527626_640

◎行き先はバンガロー

さて、プレイルームは?と思ったら、尾根遺産、外に出てバイクに跨ります。行先は、そう、常駐尾根遺産のいない「バンガロー」です。


バンガローの室料は30万に含まれている、とのこと。だとすると置屋の尾根遺産価格は25万でしょうか。


ジャワ・ティムール出身、25歳のMちゃん。スレンダーなタイプで、英会話もちょっと出来ました。番号置屋でのキャリアは3年ほどで、その前はジャカルタで別の仕事をしていたそう。


私のプレイの好みにちゃんと合わせてくれて、満足の登頂・・・と思ったら、まだMyロッドがヒクヒクしている最中に「ミスター、チップ!」と。


なにもこのタイミングで切り出さなくても・・・いきなり興ざめです。


互いに水浴びを終え、身支度を済ませたところで再度の催促。

まぁ、気立てのいい尾根遺産でプレイは満足だったので、5万Rp札を差し出したところ、「もう1枚!ワン・ハンドレッド(計100,000Rp)、プリーズ!」と甘えてきました。


サヌールの置屋で、チップを要求された経験が過去に無いわけではありませんが、ケースとしては少数派。

「俺はサヌールで何度も遊んだけど、チップ10万なんて言われたことは一度も無いぞ!」と断固拒否!!


それ以降、流れる気まずい時間。とても後味の悪い夜になってしまいました。

やっぱり置屋勤務キャリア3年ともなると、かつて邦人客から吸った甘い汁が忘れられないんでしょうか。

今回はバリ島で新規開拓できた★番SPAのお話です。

◎リサーチ

遠征前に目星をつけていたSPAは、それほどクオリティに期待できないかな、と考えていました。


そこでサヌールからクタ方面にあるそのSPAに向かう道中、例によってタクシー運転手から情報収集を試みました。

目的地のマイナーなSPAを知っていたし、ソッチ系の話が好きな運転手だったので、他のSPAも知っている可能性が高いかな、と。


開拓済のSPAについて「▲▲▲▲は良かった」「◇◇◇◇は高い割にイマイチだな」などと話していると「そうだ!ダンナ、**は行ったことありますか?」と。


「その名前は初耳だね。バグースなのか?」「ええ、▲▲▲▲と同じくらいオススメです」「最近オープンしたのか?」「はい」「マジか?!じゃあ、行先変更。その**に向かってくれ!」

◎良心的な設定

SPAの受付には一人、英会話の流暢な女性がいて、待合室で丁寧に説明してくれました。

受付にあった料金表の値段は、あくまで室料+マッサージ90分の価格(偽装?)。
エロ・オプション込みのパッケージ価格はメモに書いて見せてくれます。


部屋のグレードは2種類ありますが、高い方を選ばないと★番は不可で手コキ止まり。

「安い部屋+HJ」なら40万強、「高い部屋+HJ」で70万強、「高い部屋+★番」は108万強がパッケージ総額になります。


支払いはプレイ後に全額を受付で払うので、嬢にボッタされず安心ですし、クレジットカード使用でも3%割増しはありません。


「チップはお客様次第です」とも言われました。

◎勢揃いしたセラピストは

待つことしばし。「ショーアップ(顔見世)の用意が整いました」と案内嬢。通された別室には9名のセラピストが勢揃い。


平日の16時過ぎで9名。しかも見た印象では全員が20代前半で、平均レベルが高い!

過去「オトコの夜遊びガイド:バリ島編」では、かれこれ10軒以上の★番SPAを収録してきましたが、レベルはTOP3に食い込めるほど。

少なくとも過去記事で紹介した、130万Rpもするクタ南部のSPAよりも遥かに、レベルも年齢層も秀逸です。なのに割安。


ビックリしたのは、案内嬢の掛け声で全員が一斉にソファから立ち上がり、「ソレ~~(インドネシア語で夕方時分の挨拶)」と笑顔で挨拶してきたこと。そして1名ずつ、源氏名を名乗って座っていきます。


こんな顔見世をするSPAは、バリ島に限らず他国も含めて「オトコの夜遊びガイド」シリーズに収録済の風俗スポットでは他に例が浮かびません。

◎20歳のアイドル顔

9名のなかでも、一番最後に名乗った尾根遺産がダントツで私好み!JKT48に加わっても遜色無い可愛らしさです。

ところが残念なことに、座るとすぐに俯いてしまい、私の方を見てくれません。


磯仁様の体験談などにもありましたが、こういう態度って「このお客にはつきたくないワ」という意思表示であるケースが多いはず。


しかし彼女を差し置いて他のセラピストを選んでも、サービスが悪かったら指名回避を後悔するだろうなぁ~と考え、日本ハムのドラフト戦略並み?に強行指名することに。


指名されたとわからず、隣の嬢かと思っていた彼女。戸惑いながら立ち上がる様子を見て「キミ、日本人はキライなの?」と冗談っぽく尋ねてみると、ニコッと愛らしく微笑みます。私の唐突な問いかけに、指名されなかった嬢たちが彼女を茶化します。


*動画には、ここまでの様子が映っています。

◎まるで恋人のように

このSPAでのキャリアは5ケ月というRちゃん。個室に入ると意外にフレンドリー。

前は出身地に近いジョグジャカルタで、風俗ではない正業に従事していたそう。ゆえにマッサージの技量は褒められたレベルではありません。


マッサージを受けながら、顔見世のときに私から視線をそらしていたことに触れると「恥ずかしかっただけよ」と初々しい回答。


健全マッサージのスキルからしてテクニックは期待薄なので、久しぶりにこちらからサービスさせてもらうことに。


中肉中背ながら、ゆうにEカップはある豊乳。ですが乳輪の面積は極小。私があまり巨乳を好まない理由のひとつは、とにかくデカい乳輪が嫌いなのです。Rちゃんのような極小はなかなかレアかと。


しかし90分コースのうち、すでにマッサージで60分を要しているため、じっくり攻めてもいられません。


ロッドの硬度を維持するためもあって、正常位素股をしながら小さな乳首を重点的に舐めまくり、早めのインサート。


反応をみると、まったく目を閉じずジッと私を凝視しているRちゃん。そしておもむろに彼女からキスしてきました。


そうかそうか、キモチイイんだね。


それからも正常位のまま、ピストン角度だけを変えながら見つめ合い続けます。私は恥ずかしくてときどき視線をそらしますが、彼女は全くそらしません。ルージュを落とさない程度に、キスも繰り返し求めてきます。


やがてRちゃん、しきりに私の髪を掻くように。それがクセなのでしょうか。掻く速度が徐々に早まってきて、Myロッドも臨界を迎えます。


1ジュタ強のコストも高く思えないほど、満足感の高い一戦でした。しかも、覚悟していたチップ要求も全くありませんでした。


ファシリティも新しめですし、受付嬢の印象も良かったし、此処なら自信を持ってバリ島風俗ビギナーの皆さんにも推奨できます。

↑このページのトップヘ